即日配送 メール便 FAX注文
 

コラム・読み物

JOHAの選び方

JOHA LOGO

 ~ JOHA(ヨハ)の選び方 ~


私 kinari は、このJOHA をひとめで、
そして実際に自分で使ってみて、とっても気に入っています。

ただ、kinari's advice 2

ウール100%」 や「シルク混ウール」という素材の違いだけでなく
シリーズごとに、デザインや生地に大きな違いがあり、季節や、
シチュエーション、アウターに合うJOHAを選ぶのが、とても大変なのです。


JOHAは、
この肌さわりと極細のメリノウール素材がもつ機能、
そして単なる肌着としてだけでなく見せられるインナーとして
使えるアイテムですので、自分に合うJOHAを選んで
是非JOHAライフを楽しんでくださいね。



【重要】このページ一番下の【結び】の欄は必ずおみください。



JOHAのウールはチクチクしない



◆ 素材の違い:

JOHAのインナーには、
ウール100%】と【シルク混ウール】の2種類の素材があります。


● ウール100% は、
ウールの中でも、細くてやわらかいメリノウールを使用。 
汗をかき、さらに気温差の激しい登山などでも愛用されています。


● シルク混ウール
は、
シルク15% と メリノウール85% で構成され、
絹糸が入る分「ウール100%」よりは生地がやや薄く、サラッとした感じになります。


◆ シリーズの違い:
1) MARIE(マリー) と ROSE(ローズ): 【ウール100%】詳しくはこちらへ>>

JOHAのシリーズの中で一番地厚で、保温性と排湿性が高くなります。
ウールの温かさがしっかり感じられ、とにかく温かいものがほしいという方におススメです。 
ベーシックなデザインで、「JOHAで迷ったらこれっ!」といわれるくらいの定番中の定番。

MARIEはホワイトとブラック、ROSEはグレーですが、デザインは同じです。
そのため、スイートサイトでは同じ商品ページでご紹介しています。 
ただし、ROSEにはショーツはありません。

Lineup_MARIE.jpg



2) CECILIE(セシル): 【ウール100%】詳しくはこちらへ>>

MARIEやROSEに比べると薄地になります。 

さらにリブ編み生地なので、汗をかいた時のべたつきがなく、
ひんやりせず春から秋に掛けての蒸し暑い時期にはぴったりのインナーです。

室内と屋外の気温差が激しい時の通勤やオフィスで大活躍。
ボトムスのウエストゴムはSARAと同じくらいゆるめです。

ブラックとホワイトの2色で、おしゃれなレース付。

Lineup_CECILIE.jpg



3) SARA(サラ): 【シルク混ウール】詳しくはこちらへ>>

JOHAの中で、一番伸縮性が高く、ウエストゴムも比較的緩めに作られているのが特徴。
185cm・75kgsの男性でもレギンスLサイズが履けるくらいです。 

シルクのサラッとした感じもあり、通年に渡って人気のあるシリーズです。 

カラー2色、ブラックとベージュ。

Lineup_SARA.jpg



4) EMILY(エミリー): 【シルク混ウール】詳しくはこちらへ>>

生地の伸縮性はあるのですが、パイピング(襟もとなどの縁取り)の生地が
割としっかり目に作られています。 

そのパイピングと濃い目のネイビーが見せてもOKな、スタイリッシュな感じになります。

カラーはネイビーのみ。

Lineup_EMILY.jpg



5) FILLIPA(フィリッパ): 【シルク混ウール】詳しくはこちらへ>>

控えめなストライプ地(やや薄手)とレースがエレガントで清潔感ただよう、
女性らしさを演出してくれます。 カラーはホワイトのみ。

Lineup_FILLIPA.jpg



6) Joha150(kids150cm): 【ウール100%とシルク混ウール】詳しくはこちらへ>>

「kids150cm」はキッズというよりは、ジュニア用にラインナップされたもので、
大柄なヨーロッパのジュニアサイズですので、「日本の女性向けフリーサイズ」に相当します。

素材や品質は、Johaの定番商品と同じで決して「お子様デザイン」ではなく、
さらに価格がレディース定番品よりもリーズナブルな設定になっています。

joha150




【結び】
ウール100%だから冬の寒い時期、シルク混だから暑い時期ということではありません。

たとえば、夏の冷房対策には、トップス(シャツやタンクトップなど)を
「シルク混ウール」にして、レギンスなどのボトムスをウール100%のものにすると、
単に冷房の寒さ対策、ということだけでなく、外の暑さで汗をかいても発刊効果が高いので、
さらっとした着心地が長く続きます。

冬も、しっかり着込んで室内の気温が高いと、汗をかくことがありますよね。 
これが風邪(かぜ)の原因になることがあります。

なので、ウールは一年中快適に過ごせるインナーなのです。


素材や生地の特徴などでも、個人の好みが大きく分かれるところですので、
お好みのJOHAを探してみてください。


〔全てのシリーズに、全てのアイテムがラインナップされてはおりません〕



▼ こちらもあわせてお読みください。
特集記事ウールは温かいだけじゃないんですよ

【コラム記事】 ウール素材は温かいだけじゃないんですよ


【コラム記事】

     ウール素材は温かいだけじゃないんですよ。





[ INDEX ]

 【1】 なぜ温かいの?
 【2】 カラダにいいらしいよ
 【3】 夏はどうなの?
 【4】 チクチクしない?
 【5】 ウールマークってなに?
 【6】 へ~ そうなんだ

kinari's advice




【1】 なぜ温かいの?


ウールは羊(ひつじ)の毛ですが、温かいですよね。

なぜなんでしょう?


それは、一本一本の繊維が縮れていて、それらが複雑にからまることにより
空気が溜まり、その空気の層により断熱効果が高まります。

そして、ウール素材そのものも断熱効果が高く、コットンの半分、
ナイロンの5分の1の熱伝導性しかなく、それらの相乗効果によって
温かさが保たれるからです。


羊の写真




【2】 身体にいいらしいよ


こんな優れた機能もあるんです。


a) ウールには、抗菌・免疫機能があり、臭いの原因となる細菌の
 繁殖を抑えクリーンな状態を保ちます。

b) 乾燥した季節に皮脂膜が傷付く事で起こる肌荒れもウールの下着を
 身につける事で肌が再生されるという研究結果が報告されています。

c) 暖かいというだけでなく、汗を吸収し発散するので、肌面がいつも
 サラサラで快適な着心地のため、リラックス効果が得られます。

d) 水をはじいて、静電気も起きにくいので汚れが付きにくいのです。


羊の写真




【3】 夏はどうなの?


ウールを冬だけしか使わないのは、とてももったいないですよ。

なぜなら・・・


ウールは、季節と体温に合わせ保温や吸湿・排湿効果を発揮します
(吸湿力はコットンの2倍、ポリエステルの4倍といわれています)。


それは『天然のエアコン』と言われるほどで、オフィスなどでは強い冷房、
そして高い外気温、日本の夏には抜群の素材と言えます。


また、ウールは吸収した水分をゆっくりと蒸発させるため、汗冷えを抑えられます。

急速に蒸発させる化繊の場合、気化熱により体温を奪われ、
逆に寒さを感じることもあります。




【4】 チクチクしない?


チクチク感が気になってウールはイヤという方もいらっしゃいます。

ウールだからチクチクするのではありません。
太いウール繊維を使っているため、それが肌を刺すからチクチク感じるのです。


たとえば、ヨーロッパのウールインナーの定番 JOHA(ヨハ)は、
18~19ミクロン(千分の18~19mm)という最高級の極細メリノウールを
使用しているため、チクチク感はほとんどありません。


2016年秋からjohaの販売開始から、 「こういうインナーを待ってたのよ」と
多くのお客さまから ご支持、リピートをいただいております。

ただ、それでも過敏な方は、 「肌あたりが気になる」と感じる方はおられます。

そのなかでも、 「洗濯を繰り返すうち、感じなくなったわ」という方、
「下にシルクなどの肌着を重ねて、逆に温かさと着心地が アップしました」という
方もいらっしゃいました。

JOHA 羊イラスト



【5】 ウールマークってなに?


国際的な品質保証のマークです。

新毛のみ99.7%以上使用して、素材性能・縫製などの厳しい品質基準
(純毛製品である事、生地の強さ、光や洗濯・汗などに対する色落ちなど)
に合格した製品であることを意味します。


ウールマーク


シルクなどの混紡製品にも
このようなマークもあります(新毛の50%以上:ウールマークブレンド)
ウールマーク ブレンド


【へ~ そうなんだ】


登山用品にはウールがよく使われているのです。

冬山はもちろん、夏でもそうです。

それは ・・・


断熱効果が高く、汗をかいても吸収発散する作用があるのと、
免疫抗菌作用があるため、少しくらいお風呂に入らなくてもウールならOK。

化学繊維だと抗菌加工が必要ですが、 ウールなら必要ないですね。

お肌の敏感な方は、抗菌加工で肌トラブルというのもよく聞きます。
薬品ですものね。


羊の写真

冷えとり初心者さんはこちらから

冷えとり初心者さん TOP
kinariの冷えとり健康法 入門講座
冷えとり健康法【入門講座】はこちらへ >>



冷えとり初心者さん STEP1
冷えとり初心者さん 杉っ子 冷えとり初心者さん 書籍



冷えとり初心者さん STEP2




正活絹サイズ選びガイド




初めて正活絹を履かれる方へ



冷えとり初心者さん STEP3
冷えとり初心者さん 湯たんぽ
冷えとり初心者さん リラックスパイルソックス



冷えとり初心者さん STEP4
冷えとり初心者さん おしゃれに冷えとりファッション 冷えとり初心者さん お肌にやさしいインナー
冷えとり初心者さん トリッペン シューズ


冷えとり初心者さん ライン


「冷えとり健康法」入門 《初級編》 ガイド


 初心者さんのために、冷えとりの基本を分かりやすくご案内したリーフレットです。


 商品(冷えとり関連以外でもOKです)お買上の方で、ご希望の方に

 商品とともに 【無料】にて お送りいたします。



 注文時のご要望欄に 「冷えとり入門希望」 とお書きくださるか、

 こちらのページからお買い物カゴにお入れ下さい。


JOHA(ヨハ) の選び方 《私にはどのシリーズがいいの》


JOHAのあったかインナーがぞくぞく入荷してまいりました。
特に、この秋はウール100%の長袖シャツとレギンスが人気のようで
今後もいっぱい入ってきますのでお楽しみに!


・・・ところで、


「ウールインナーの良さはわかるんだけど、なにがいいのかわからないわ」
「6つのシリーズがあって、同じ長袖シャツでも何を選んだらいいの?」
というお問い合わせをいただいきました。


JOHAの選び方


私、kinari はこのJOHA をひとめで、そして実際に自分で
使ってみて、さらに気に入ってしまいました。

それは、
この肌さわりと極細のメリノウール素材がもつ機能、
そして単なる肌着としてだけでなく見せられるインナーとして、
使えるアイテムだからです。

JOHAの特徴として、
「ウール100%」 や「シルク混ウール」という素材の違いだけでなく
シリーズごとに、デザインや生地に大きな違いがありますので、
この【とっても使えるインナー JOHA】の選び方のページを作りました。


詳しくはこちらへ



~~~~~~~

また、「ウールは温かいだけじゃないんです」という
ウール素材のよさについてのページもご覧ください。

ウールは温かいだけじゃないんです


詳しくはこちらへ


  • 2019.11.29
  • 14:26

カレンダー
  • 今日
  • 休業日
  • 発送作業休止日

午前11時 ~ 午後5時

【休業: 日・月・祝祭】

tel:048-271-9676

fax: 048-611-7227

QR

ページトップへ